純粋に恋愛を楽しめる作品

ボーイズラブ漫画と少女漫画との違いは、とっても簡単にいうと、恋愛対象が同性か異性かの違いです。

ちらも読者の中心は女性であることと胸をときめかせる漫画であることは同じで、女性が読んでキュンキュン胸をときめかせる漫画は少し前には少女漫画が主流だったようですが、最近ではボーイズラブ漫画のほうに人気のようです。

理由としては、少女漫画のほうは設定がだんだんマンネリ化してきているというのと、主人公の女の子を魅力的で読者が感情移入しやすいようにしなければならないこと、なおかつ読者がイラッとしないようなキャラに設定しないといけないのでとっても難しいことなどが挙げられます。

その設定をクリアして純粋に恋愛を楽しめる作品としてボーイズラブが生み出され人気が出ているといわれています。

イメージ画像引用元サイト:http://movie00.seesaa.net/article/391277974.html

少女漫画からボーイズラブに人気がシフトしている

BLはずっと運命の人と愛し合う「究極の一対」といったカップルの理想形・究極の形が表現されているいて、読者は夢を抱きながら作品を楽しむことができるのでしょう。

また読者層の中心である10代~20代前半の女性文化が多様化していることととっても早いスピードで流行が変わっていくことなどから、作者・作品と読者とのギャップが生まれているというのも少女漫画からボーイズラブに人気がシフトしている理由なのかもしれませんね。

イメージ画像引用元サイト:http://comic-walker.com/contents/genre/1416/